保険で得する人・損する人

〜それでも保険屋のおばちゃんから保険に入りますか?〜
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 定期保険について | main | 終身保険について >>

たかが自動車保険、されど自動車保険

あなたは自動車保険を比較したことがありますか?車

ほとんどの方が車を買ったところで自動的に入っているか

友人知人の車関係の仕事の人から入っています。

もちろん付き合いもあるので、選べない人もいるでしょう。

でもほとんど同じ内容でも保険料の違いは各社あります。

選択基準が保険料だけではないにしても、比べる価値はあると思います。

先日も後輩の自動車保険を見積もりました。

今まで国内損保会社に加入していましたが、自分が扱っている保険で

見積もってみたら年間20,000円くらい安くなりました。チョキ

ほとんど同じ内容です。

ではどうしてこんなに差がでるのでしょう。

(ちなみに保険会社は星野仙一さんが出ている外資系A社です。)

まず、加入者を保険会社が選びます。

どういうことかと言いますと

事故を起こしそうな人を加入させないようにするのです。びっくり

具体的には21歳未満の人や免許取得から3年以内の人、高齢の人、

過去1年間に事故を起こした人などです。

そうすると、どうなるか?

優良ドライバーの比率が高くなります。

したがって会社の支払う保険金の給付額も少なくて済みます。

結果的に保険料が安くなるのです。

加入者の事故が少なければ、保険金の給付金のほか、

事故担当者の負担も減り、事故解決のサービスも向上します。

何かずるい気もしますが、保険会社も商売です。

経費を抑えることによって、結果的に保険料が安くなったりサービスがよくなって

加入者の満足度は上がります。

ですので、誰でも入れる保険はそういう意味で気をつけたほうがいいかも知れません。

仮に加入者が10000人のA社とB社があるとします。

A社の年間の事故が10件で、B社が100件としたらどうでしょう。

当然B社のほうが経営的につらくなりますよね?

あなたはどっちの保険会社に加入したいですか?

これは生命保険でも同じことがいえます。

病気の人でも入れる保険はやっぱり高くなってしまいます。

保険を選ぶ際にはこんなこともちょっと考えてみましょう。

自動車保険なんてどこも一緒と思っていませんか?

たかが自動車保険、されど自動車保険ですよ。

簡単に比較ができる自動車保険無料見積もりサイトです。気になるかたはどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
もしかして、自動車保険払いすぎてるかも・・・


今なら見積もり依頼すると、もれなくマックの500円券がもらえるそうです。
ハンバーガー
しつこい電話での勧誘とかもほとんどありませんよ。

封書で見積もりが届くくらいです。

今の時代、しつこくしても嫌われるだけですから。

人件費も電話代も掛かりますからね。たらーっ

コラム | permalink | comments(1) | trackbacks(2)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

TBありがとうございました。

ところで、当方からもTBさせて頂こうか、と
試みましたが、できませんでした。残念です。
店主 | 2006/11/26 7:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hokenerabi.jugem.jp/trackback/12
この記事に対するトラックバック
ソニー損保の学資保険の話の前に、まずは「学資保険」について正しい知識を持っていますか?学資保険とは、子供の保険といわれる「こども保険」のひとつで、同時に「生命保険」の一種でもあります。では、この学資保険について詳しく掘り下げていきたいとおもいます...
ソニー損保の学資保険 | ブログの女王 | 2007/04/11 1:05 AM
保険に関するページを作ってます。よかったら見に来てください
保険会社を比較する | 生命保険をわかりやすく解説 | 2007/02/01 12:39 PM